【Unity】M+FONTSをUnityで使用する

フリーに使用できるM+FONTSをUnityで表示させるところまでのメモ。

前提となる知識

フォントファイルの形式

フォントファイルは、.ttf形式か.otf形式でUnityにインポートする必要がある。

フォントファイルの配置先

Assets/Fonts配下に配置する必要がある。

今回の流れ

  1. .ttfファイルの入手、インポート
  2. UIのTextを作成、フォントの変更
  3. 実行する
.ttfファイルの入手、インポート

http://mplus-fonts.osdn.jp/
BITMAPとOUTLINEが選択できますが、今回はOUTLINEのページへ進みます。
Latest Releaseの右に最新のリンクがあるので、ここからダウンロードページへ。
解凍すると、多くの.ttfファイルが含まれたフォルダができます。今回はこの中から、mplus-1p-medium.ttfを使用します。

.ttfファイルをUnityにインポートするため、Assets配下にFontsディレクトリを作成してAssets/Fonts配下にmplus-1p-medium.ttfを追加します。
インポートは追加時に自動でされると思いますが、もしされなければReimportAllをしてください。

UIのTextを作成、フォントの変更

UnityメニューバーからGameObject > UI > Textを選択して、SceneにuGUIのTextオブジェクトを作成し、プロパティを変更します。

unity_mplusfonts_import_ss1
CharacterのFontにmplus-1p-medium.ttfを移動すると、画像のようにフォントが変更されます。

実行する

unity_mplusfonts_import_ss2

違いが気になる場合、TextオブジェクトのTextコンポーネントからCharacterのFontをArialに戻したり、その他にフォントに変更してみてください。

環境

  • OSX El Capitan v10.11
  • Unity v5.2.1f1
  • M+ TESTFLIGHT 060