【Swift】UIButtonを継承したクラスをstoryboardから使う

Swift2.0以降のサンプルコードで、UIパーツのサブクラスをstoryboard上でひも付ける記事が見つからなかったので、覚書として。

やること

  • 実機検証できるXcode7beta6の環境で、UIButtonを継承したサブクラスをつくる。
  • storyboard上でUIButtonを配置、作成したサブクラスをひも付けする。

環境

  • OSX Yosemite v10.10.4
  • Xcode v7.0 beta6
  • 検証端末 iPhone5s/iPhone6 v8.4.1

UIButtonのサブクラスを作成

SwiftFileをプロジェクト配下に作成し、次のようなコードを記述する。

storyboard上のButtonにUIButtonのサブクラスをひも付け

標準のUIButtonにサブクラスをひも付けするには、2ステップあります。

UIButtonにイベントを設定

storyboardにUIButtonを配置した前提です。
UIButtonを右クリックすると、イベントの一覧が黒色のダイアログで表示されます。
設定したいイベントの右にある◯にカーソルを合わせ、Shiftキーを押しながらViewControllerの下にドラッグしてドロップすると、イベントの接続が行われます。
swift_extend_uibutton_storyboard_ss2

CustomClassのClassにサブクラスを指定

見たまんまですが、CustomClassのClassにサブクラスを指定するだけでサブクラスのコードが反映されるイメージで良いかと。
swift_extend_uibutton_storyboard_ss1

実機検証

swift_extend_uibutton_storyboard_test
枠が表示されていることが確認できます。